沢田 ほのか

ちび☆デビ!(漫画)の主人公。読みは「さわだ ほのか」。別称、ほのか。

  • 沢田 ほのか
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ちび☆デビ!(漫画)
正式名称
沢田 ほのか
ふりがな
さわだ ほのか
別称
ほのか

総合スレッド

沢田 ほのか(ちび☆デビ!)の総合スレッド
2016.08.10 14:55

概要

『ちび☆デビ!』の主人公の1人。短めの髪を三つ編みにした少女。初登場時14歳の中学2年生。両親は幼い頃に亡くなり、親戚のおば理香子に引き取られた。気が弱く泣き虫で、クラスではいじめられており友達はいない。また理香子も家に帰ってくることが少ないため、家でも1人でいることが多い。唯一話せるのは幼馴染の遠野京のみだったが、彼の友人(杉崎真)が怖くて、一緒にいることができない。

ある朝、突然ベッドに赤ん坊(まおちゃん)が現れる。戸惑うほのかだったが、パパ役を買って出たと同居しながら、ママとして世話をし始めた。まおちゃんは、火を吐くなど不思議な力を持っている。ちびデビ保育園に通わせると、他にもカリンちゃんやライちゃんなど不思議な赤ん坊達が通っていた。

同じようにママ役をしている高山夏季や中川しおりと交流し、どうにかまおちゃんの面倒を見ているうちに、に対して恋をしていることに気づく。

登場作品

いつもいじめられてばかりのほのか(沢田ほのか)は、引っ込み思案で泣き虫な中学生の女の子。家族も友達もおらず、いつも1人で寂しい日々を過ごしていた。ある朝、目が覚めるとなぜかベッドに赤ん坊が。戸惑うほの...