河上娘

日出処の天子(漫画)の登場人物。読みは「かわかみのいらつこ」。泊瀬部大王、刀自古郎女、境部摩理勢、蘇我毛人とは親族関係にある。

  • 河上娘
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
日出処の天子(漫画)
正式名称
河上娘
ふりがな
かわかみのいらつこ

総合スレッド

河上娘(日出処の天子)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

蘇我毛人の異母妹。境部摩理勢の正妻の姉妹を母に持つ。異母姉である刀自古郎女にライバル心を抱いている。泊瀬部大王に嫁ぐ。実在の人物河上娘をモチーフとしたキャラクター。

登場人物・キャラクター

穴穂部間人媛、穴穂部王子の同母弟。厩戸にとっては伯父にあたる。享楽的な性格。王子時代は、兄穴穂部王子の影に隠れ、大王となる目は無いものと考えていたが、穴穂部王子が暗殺されたことから、その無能さから毒に...
蘇我馬子の娘で、蘇我毛人の同母妹。元気ではっきりした性格、男顔負けのじゃじゃ馬娘だったが、父馬子が物部氏との対立を深めるにつれ、物部一族である母十市郎女と共に、物部の里に帰される。その時に数人の男に乱...
蘇我馬子の弟。蘇我毛人の叔父にあたる。当時は長子相続よりも兄弟相続の方が有力であったため、馬子の財産を継ぎたいと望んでいるが、馬子は長子毛人に継がせる腹積もりだった。実在の人物境部摩理勢をモチーフとし...
朝廷一の財力を持つ大臣蘇我馬子の跡取り息子。実直で純朴、真面目な性格。色恋には鈍感。14歳の時、池で水浴びをしている厩戸王子と出会う。その時は厩戸を女性と勘違いし、恋に近い思いを抱く。その後朝参で厩戸...

登場作品

敏達12年(西暦583年)、朝廷第一財力を持つ大臣蘇我馬子の長子蘇我毛人は、池で水浴びをする少女と出会う。それは少女と見まごうほどの美貌を持った厩戸王子だった。厩戸の持つ不思議な力を恐れつつも、彼に惹...