沼地 蝋花

沼地 蝋花

〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 「花物語」」(テレビアニメ)の登場人物。読みは「ぬまち ろうか」。

概要

背丈はないが、中学時代に神原駿河のライバルであったバスケットボール選手。嫌らしく巧みなディフェンスに定評があり、「毒の沼地」の異名で知られたが、左脚に負った怪我の影響で引退を余儀なくされてしまった。

スポーツ推薦で入学していた学校も辞め、現在では「悪魔様」と称して相談屋を営みつつ、不幸話の蒐集を行なっている。その真の目的は「猿の手」を始めとした「悪魔のパーツ」をコレクションすることであり、左脚に巻かれた包帯の下には駿河と同様、怪異を宿している。

関連人物・キャラクター

怪異

『猫物語(黒)』に登場する存在。神や幽霊、悪魔、妖怪等の総称。多くは動物の名を冠しているが、その名は姿形でなく本質を表すとされる。都市伝説・信仰・噂などによって生まれ、人間がいることで初めて認められる... 関連ページ:怪異

登場作品

〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 「花物語」」

阿良々木暦たちが卒業した後の春、高校3年生へと進学したばかりの神原駿河は、後輩である忍野扇から「悪魔様」の噂を聞かされる。曰く、「悪魔様に悩み事を相談すれば、絶対に解決してくれる」というその噂に対し、... 関連ページ:〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 「花物語」」

SHARE
EC
Amazon
logo