沼皇女

沼皇女

神様はじめました(漫画)の登場人物。読みは「ぬまのひめみこ」。

登場作品
神様はじめました(漫画)
正式名称
沼皇女
ふりがな
ぬまのひめみこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

多々良という沼の主。ナマズの妖怪。桃園奈々生が土地神になったことを聞きつけて神社にやってくる。人間である裏嶋小太郎のことが好きで桃園奈々生に縁結びを依頼してくる。

関連人物・キャラクター

裏嶋小太郎

18歳の男の子。恥ずかしがり屋でルービックキューブをしていないと人と上手くしゃべれない。沼皇女と幼い頃に出会っており、それをきっかけに沼皇女に好かれている。しかし本人は沼皇女と出会っていたことを忘れて... 関連ページ:裏嶋小太郎

桃園奈々生

宇治上高校2年生の女の子。父親の借金が原因で文無しな上に家を失ってしまう。犬に追われているミカゲを助けたことから神社に住むように勧められる。しかし、神社に住む代わりに土地神となることを義務付けられる。... 関連ページ:桃園奈々生

登場作品

神様はじめました

桃園奈々生は宇治上高校2年生の女の子。一般的な生活を送っていたが、父親が借金で夜逃げしてしまう。文無しの家なき子になってしまったが、犬に追われているミカゲを助けたことから神社に住むように勧められる。だ... 関連ページ:神様はじめました

SHARE
EC
Amazon
logo