泉 ゆり

泉 ゆり

アタックNo.1(漫画)の登場人物。読みは「いずみ ゆり」。こずえとはライバル関係。

登場作品
アタックNo.1(漫画)
正式名称
泉 ゆり
ふりがな
いずみ ゆり
関連商品
Amazon 楽天

概要

元浜紀中のバレー部キャプテン鮎原こずえたちに反目する浜紀中の四天王(他のメンバーは工藤ケイ子、小沢幸江、香取良子)の中心人物。バレー部の主導権を賭けた4人制バレーでは変化球サーブを繰り出し、鮎原こずえたちを翻弄した。しかし、大学生に混じって特訓をしたこずえ早川みどりには手も足も出ず、敗退。

他の部員を残してバレー部を去り、陸上部へ。実は泉の右腕は、振り回すのはいいが、物に当てたり衝撃を受けると最悪切断という、筋肉が固まる病に罹っていた。最後はこずえと100M競争で負け、「あなたは甘い」と諭され改心。陸上部で頑張ることを誓う。

髪型は短髪だが、前髪で右目を隠している。

関連人物・キャラクター

こずえ

腸が弱く、リンパ腺が腫れる病気で、東京の両親の元から叔父、叔母のいる静岡県富士見市富士見が浜にある富士見学園に転校してきた(当時中学2年生)。後日、両親も富士見が浜に越してきている。転校当初はスポーツ... 関連ページ:こずえ

登場作品

アタックNo.1

東京から静岡県の富士見学園に転校してきた鮎原こずえは、バレー部員に絡まれたことから、バレー部と不良グループをバレーの試合で勝負させることになり、その結果、不良たちを勝たせてしまう。こずえは東京で名門の... 関連ページ:アタックNo.1

SHARE
EC
Amazon
logo