泊瀬部

日出処の天子(漫画)の登場人物。読みは「はつせべ」。別称、泊瀬部王子。穴穂部王子、厩戸とは親族関係にある。

  • 泊瀬部
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
日出処の天子(漫画)
正式名称
泊瀬部
ふりがな
はつせべ
別称
泊瀬部王子
別称
泊瀬部大王

総合スレッド

泊瀬部(日出処の天子)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

穴穂部間人媛穴穂部王子の同母弟。厩戸にとっては伯父にあたる。享楽的な性格。王子時代は、兄穴穂部王子の影に隠れ、大王となる目は無いものと考えていたが、穴穂部王子が暗殺されたことから、その無能さから毒にも薬にもならないだろうと考えた厩戸によって蘇我馬子に推薦され、物部氏討伐後、大王となる。

即位後は次第に横暴さが目立つようになり、厩戸蘇我馬子額田部女王たちから次第に見放されていく。実在の人物崇峻天皇をモチーフとしたキャラクター。

登場人物・キャラクター

穴穂部間人媛の同母弟である王子。年若いの厩戸の実力を見抜き、対等なライバルとして扱う野心家。訳語田大王死後、物部守屋によって大王候補に擁立されるが、厩戸に暗殺される。実在の人物穴穂部王子をモチーフとし...
天才的な才知と美貌、そして仏や魔の世界と行き来する超能力を持って生まれた王子。政的な洞察力の高さや仏教への深い理解から、蘇我馬子や#額田部女王などの有力者から次代の大王と目されている。厩戸が超能力を持...

登場作品

敏達12年(西暦583年)、朝廷第一財力を持つ大臣蘇我馬子の長子蘇我毛人は、池で水浴びをする少女と出会う。それは少女と見まごうほどの美貌を持った厩戸王子だった。厩戸の持つ不思議な力を恐れつつも、彼に惹...