• シグルイ (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 流れ星の骨子となる掴み

流れ星の骨子となる掴み

流れ星の骨子となる掴み

シグルイ(漫画)に登場する剣技。読みは「ながれぼしのこっしとなるつかみ」。

登場作品
シグルイ(漫画)
正式名称
流れ星の骨子となる掴み
ふりがな
ながれぼしのこっしとなるつかみ
関連商品
Amazon 楽天

概要

虎眼流の技法の一つ。右手の人差し指と中指で挟みこむようにして柄を持ちながら、流れを行うことによって、流れを凌ぐ速度の斬撃を可能とする。奥義流れ星の根幹をなす技術で、虎眼流の秘術のひとつとされている。免許皆伝を受けていない虎眼流門下生にも伝授されていなかったが、藤木源之助は雪道で手先を凍えさせていた際、無意識のうちに発見した。

隠すことなく伊良子清玄の仕置追放に使用したため、他の門下生にも知れ渡ることとなった。

関連キーワード

虎眼流

『シグルイ』に登場する剣術の流派。岩本虎眼によって開かれ、掛川藩を中心に数多の剣術道場が存在する。「真剣はたやすく折れる」「人間を殺傷するためには必要最小限の斬撃でよい」などの実戦的な概念を持つ。流れ... 関連ページ:虎眼流

登場作品

シグルイ

寛永6年9月24日に行われる「駿府城御前試合」では、真剣を用いて行うことが駿府城城主の徳川忠長により義務付けられていた。その第一試合に臨むのは、虎眼流の隻腕剣士藤木源之助と、独自の流派無明逆流れを使う... 関連ページ:シグルイ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連キーワード
登場作品
logo