流 飛燕

蒼天の拳(漫画)の登場人物。読みは「りゅう ひえん」。別称、死鳥鬼。

  • 流 飛燕
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
蒼天の拳(漫画)
正式名称
流 飛燕
ふりがな
りゅう ひえん
別称
死鳥鬼

総合スレッド

流 飛燕(蒼天の拳)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

極十字聖拳の使い手。死鳥鬼の異名を持つ。殺伐とした世界に生きていたため慈悲のない冷淡な男だった。ナチスに命を狙われた少女・エリカと出会い、はかなげな彼女を守り続けていくうちに、人間らしい慈愛の感情に目覚めるように。人と接するのが下手で不器用なところがあるものの、愛のために生きる一途な面を持ち合わせている。

登場作品

1932年の上海。黒社会の巣窟と化したこの魔都で、青幇(チンパン)と紅華会という二つの秘密結社が激しい勢力争いを繰り広げていた。一方、三国志の時代に生まれた究極の暗殺拳・北斗神拳の伝承者である霞拳志郎...