浅海 恒太郎

加治隆介の議(漫画)の登場人物。読みは「あさみ こうたろう」。別称、浅海。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
加治隆介の議(漫画)
正式名称
浅海 恒太郎
ふりがな
あさみ こうたろう
別称
浅海

総合スレッド

浅海 恒太郎(加治隆介の議)の総合スレッド
2016.09.01 15:32

概要

民主政和党(民政党)の大物政治家。和歌山1区。実家は代々の造り酒屋で、旧制三校から京都大学へ進み、報日新聞社に入社、首相の番記者となったことがきっかけで政界入りした。加治隆介の父の加治元春に心酔し、「錦江クラブ」(加治派)の事務総長として、元春の右腕として活躍し、「錦江クラブの元帥」と呼ばれた。

政界入りした隆介の後見人的な立場となってアドバイスを送り、成長を促した。隆介の師といえる存在。

登場作品

加治隆介は、丸講物産に勤務するサラリーマンだったが、大物政治家である衆議院議員の父、加治元春とその秘書の兄、加治春彦を交通事故で失い、後継者として政界への進出を打診される。一度は固辞した隆介だったが、...