浦飯 幽助

幽☆遊☆白書(漫画)の主人公。読みは「うらめし ゆうすけ」。雷禅とは親族関係にある。

  • 浦飯 幽助
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
幽☆遊☆白書(漫画)
正式名称
浦飯 幽助
ふりがな
うらめし ゆうすけ

総合スレッド

浦飯 幽助(幽☆遊☆白書)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

初登場時は皿式中学に通う二年生。カツアゲ、万引き、喫煙、飲酒等々を繰り返す不良少年。短気な乱暴者で喧嘩に強く、教師からの評判もすこぶる悪い。しかしながら、強い信念と他人を思いやる気持ちがあり、人を引きつける魅力も持つ。ある日、見知らぬ少年を庇って事故死するも、予想外の行動だったために彼を受け入れる準備が出来てない霊界から、生き返るのチャンスが与えられる。

試練を乗り越えて生き返った後は霊界探偵として活躍していく。また、ゲストとして招待されたブラック・ブック・クラブ主催の格闘大会、暗黒武術会では戸愚呂弟を倒してチームを優勝へと導いた。実は魔界三大勢力の一人、雷禅の子孫であり、妖怪の血を引いている。

必殺技は指先に霊気を込めて放つ技・霊丸。霊気を拳に込め殴りつける霊光弾。これを遠距離の相手に広範囲に放つショットガン。ただし、霊丸は一日に撃てる数が決まっている。

登場人物・キャラクター

魔界三大勢力の一角を占める大妖怪。人間を食料とする食人鬼。過去に浦飯幽助の先祖である人間の女性と恋に落ち、子を成した。以来、人の肉を口にしていないため力が衰え、幽助の目の前で王座を渡して餓死する。

関連キーワード

『幽☆遊☆白書』に登場する大会。雷禅の死により均衡が崩れた魔界で、浦飯幽助が提案した「タダの喧嘩」。定期的に開催される予定であり、優勝者は魔界の王として君臨できる。
『幽☆遊☆白書』で開かれた大会。裏社会の人間がオーナーとなり、それぞれのメンバーを集めて優勝を目指すトーナメント形式の格闘大会。優勝したチームの、オーナーには莫大な賞金が、メンバーにはそれぞれ願いを一...
『幽☆遊☆白書』に登場する技。指先に霊力を集め、銃のように発射する技。高い威力を持つが、一日に使用できる回数に制限があり、術者の実力とコンディションに左右される。連射も可能だが、より多くの霊力が必要と...
『幽☆遊☆白書』に登場する場所。人間が死後向かい、地獄行きか天国行きかをこの場でエンマ大王より審判される。浦飯幽助など、予定外の死者が出た際には、魂の受取先がないという状況もあった。

登場作品

見知らぬ少年を助け事故死してしまった不良少年・浦飯幽助。予定外の死に霊界も対処に困り、幽助に現世に蘇るのチャンスを与えた。無事に試練を乗り越えて生き返った幽助だが、今度は妖怪や霊がらみの事件に対処する...