浮舟

浮舟

あさきゆめみし(漫画)の登場人物。読みは「うきふね」。大君とは親族関係にある。

登場作品
あさきゆめみし(漫画)
正式名称
浮舟
ふりがな
うきふね
関連商品
Amazon 楽天

概要

光源氏の異母兄である八の宮の娘。大君中の君とは異母妹となる。幼い頃に父親と生き別れ、再婚した母親とともに常陸の国にいたが、養父の任期が明けたことで上京した。その際、姉である中の君へと挨拶に行き、にその存在を知られることとなる。

亡くなった姉の大君に生き写しと言われるほど似ており、そのことを知った大君の身代わりとして妻にと求められる。しかしそのさなか、同時期に匂の宮からも迫られ、強引に契りを交わされしてしまう。その後、匂の宮の双方から迫られ、身の振り方を決めかね、宇治川に身を投げ入水する。

関連人物・キャラクター

光 源氏

桐壺帝の第二皇子。母は桐壺更衣。幼少の頃から輝くばかりの美貌と才能に恵まれ、「光る君(ひかるきみ)」と綽名される。母は三歳のとき亡くなる。母に似る女性・藤壺への思慕が初恋となり、その面影を求めて生涯様... 関連ページ:光 源氏

大君

光源氏の異母兄である八の宮の娘。同じく娘である中の君の姉。都を離れ、宇治の地で中の君とともに慎ましく暮らしていたが、八の宮の元へ薫が通うようになり、見初められる。儚げで奥ゆかしい美しさを持ち、物静かさ... 関連ページ:大君

登場作品

あさきゆめみし

紫式部著『源氏物語』54帖を漫画化。物語を描くにとどまらず、平安時代の生活様式や文化をわかりやすく描き、古典への興味を持たせた功績は大きいと評価が高い。 関連ページ:あさきゆめみし

SHARE
EC
Amazon
logo