海峡同盟

海峡同盟

太陽の黙示録(漫画)に登場する組織。読みは「かいきょうどうめい」。

登場作品
太陽の黙示録(漫画)
正式名称
海峡同盟
ふりがな
かいきょうどうめい
関連商品
Amazon 楽天

概要

北日本国でゲリラ的に活動する武装組織。かつて紀伊半島だった島々を拠点としていた。表向きは元自衛官の公文讃がリーダーだが、実は孫市権作が黒幕であり、「孫市ホールディングス」の各企業を隠れ蓑にしている。北日本国を牛耳る七星会との対立から柳舷一郎らに協力するが、七星会弱体化の後は孫市権作の私兵という性質を強めていく。

登場作品

太陽の黙示録

2002年、日本大震災によって日本は、本州が東西に分断されてしまう。少年柳舷一郎は出会った大人、坂巻五郎と協力して避難の旅に出る。そして15年後、記憶を失い台湾で暮らしていた舷一郎は、現地で日本人と台... 関連ページ:太陽の黙示録

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
太陽の黙示録
logo