海王 神人

野球狂の詩(漫画)の登場人物。読みは「かいおう かみと」。岩田鉄吾郎とはライバル関係。

  • 海王 神人
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
野球狂の詩(漫画)
正式名称
海王 神人
ふりがな
かいおう かみと

総合スレッド

海王 神人(野球狂の詩)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

大洋ホエールズ所属の外野手。右投・右打。打撃力も凄まじく、最下位だった大洋ホエールズを首位争いにまで上昇させる。神秘的な力を持つ選手。子供達から大人気で、岩田鉄五郎の孫の武司にも人気。首位を争う東京メッツ戦では、先発岩田鉄五郎から海王神人は三打席連続ホームランを打つもいずれもソロで、メッツが勝ち越。

9回裏ツーアウト、一点差でランナーを置いて再び対決。ヨレヨレ18番の岩田鉄五郎の執念が上回り見事三振に打ち取られた。その後は神がかりは消え、普通の三割を狙う選手になった。

登場人物・キャラクター

東京メッツ所属のピッチャー。左投・左打。1972年の時点で50歳の現役投手。その背番号から、よれよれ18番と呼ばれ、監督以上の中心人物である。数々の選手を見つけ出し、育て上げている。女子ソフトボールの...

登場作品

東京国分寺に本拠地を置く球団東京メッツには、個性溢れる野球選手がひしめいていた。50歳を過ぎてなお現役ピッチャーの岩田鉄五郎を中心に、いずれも負けず劣らずの野球狂たちが、現役プロ野球選手を交えて繰り広...