涼城 怜悧

かんなぎ(漫画)の登場人物。読みは「すずしろ れいり」。涼城白亜とは親族関係にある。

  • 涼城 怜悧
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
かんなぎ(漫画)
正式名称
涼城 怜悧
ふりがな
すずしろ れいり

総合スレッド

涼城 怜悧(かんなぎ)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

御厨仁の通う私立高校の宗教学の教師であり、神父の中年男性。涼城白亜の父親。年齢不明。霊媒体質の娘を助けるため、様々な知識を得たが、娘の心と真正面から向き合うことをしなかった。白亜をざんげちゃんから開放するという条件で、ナギに学校の籍を与えた。親バカ。

登場人物・キャラクター

ナギの妹である神格ざんげちゃんの憑依を容認している人間の少女。御厨仁と同じ私立高校に通う。霊感が強すぎて、幼いころ母に死をもたらした「ケガレ」に類似したものがカラスのように見えたり、霊媒体質のため悪霊...
霊感のある私立高校1年生の小柄な少年。母が早逝し、父が海外へ仕事に出かけてしまったために一人暮らしをしている。ひどい味覚音痴。隣に住む幼なじみの青葉つぐみが食事の世話をしてくれる。中学の時に知り合った...

登場作品

御厨仁は、霊感のある高校1年生の小柄な少年。母が早逝し父が海外へ仕事に出かけてしまったため一人暮らしをしている。ある日、仁が切り倒された神木で彫った女神像の中から突然美しい少女ナギが現れ、自分はこの土...