深見 圭介

深見 圭介

虹色のトロツキー(漫画)の登場人物。読みは「ふかみ けいすけ」。

登場作品
虹色のトロツキー(漫画)
正式名称
深見 圭介
ふりがな
ふかみ けいすけ
関連商品
Amazon 楽天

概要

ウムボルトの父。ウムボルトが幼い頃、何者かによって妻と共に殺害された。陸軍創設以来の頭脳と評される石原莞爾とは陸士の同期。石原莞爾によると、頭が良く男前で、優れた軍人になるかと思われていた。その後、軍を除隊、南満州鉄道、いわゆる満鉄に入社、蒙疆鉄道を延伸させる計画の調査に赴任する。

だが、実際には外蒙=モンゴルが赤化して中国から独立、つまり事実上、ロシアの衛星国と化してしまったため、通遼を拠点とし、工作員として内蒙古で活動していた。新疆(しんきょう)の都市の伊寧(イーニン)でトロツキーと親しくしていたという形跡があるが真実は不明。

登場作品

虹色のトロツキー

第二次世界大戦勃発の前年の昭和13年に物語は始まる。日本人の父と蒙古人の母の間に生まれたウムボルトは、満州国に開学した建国大学に特別研修生として入学する。だが彼は幼き日の記憶を失っていた。それは、かつ... 関連ページ:虹色のトロツキー

SHARE
EC
Amazon
logo