清 少納言

清 少納言

暴れん坊少納言(漫画)の主人公。読みは「せい しょうなごん」。別称、清原 諾子。

登場作品
暴れん坊少納言(漫画)
正式名称
清 少納言
ふりがな
せい しょうなごん
別称
清原 諾子
別称
諾子
別称
少納言
関連商品
Amazon 楽天

概要

本名の「清原諾子」は親兄弟や夫となる相手にしか明かせないが、橘則光はしばしば彼女を「諾子」と呼ぶ。歌人で中流貴族の清原元輔の娘。貴族の娘であるものの、和歌や風流ごとや恋愛ごとよりも漢籍を読んだり野山を駆けまわったり虫で遊ぶ方が好きな暴れん坊である。橘則光との見合いが破談になった後、彼を助けたことがきっかけで中宮定子の女房として中宮御所の梅壺の一員として宮仕えすることになる。

梅壺では先輩の宰相の君にいびられたりもしたが、持ち前の明るさと機転で少納言は宮中の様々な騒動を解決していった。後に源氏物語にあこがれて物語の創作をするも失敗。しかし、則光の勧めで日々思ったことを随筆にした枕草子を書き表すと、これが大いに評判となる。

その則光との仲は破談後も腐れ縁のように続いていたが、鈍感な則光とツンデレな少納言では友達以上恋人未満からなかなか進むことができずじまい。だが、定子の出家した際に少納言は内裏を辞め、東北に赴任する則光と行動をともにした。

実在の人物清少納言がモデル。史実では橘則光とは結婚しているが、宮中入りする前に離婚している。

関連人物・キャラクター

定子

関白藤原道隆の娘で、一条天皇の第一皇妃。彰子が入内した際には中宮から皇后宮に奉り上げられた。自身が退屈しのぎで催した歌会にて、風流の素養が皆無の橘則光に見せ場を作った清少納言の機知を買い、彼女を自身の... 関連ページ:定子

宰相の君

定子に仕える女房。ジャージのような着物を着用し、手にはいつも「急急如律令」という陰陽道の呪文が書かれた笏を手にしている。梅壺では最古参の女房で、当初は破天荒な清少納言のことをうとましく思っており、隙あ... 関連ページ:宰相の君

橘 則光

名門貴族である橘家の長男だが、生来の無骨者で和歌や酒、風流ごとが大の苦手。逆に体を鍛えることや武芸が好みで、木刀で丸太を折ったり、引いた弓をへし折ったりするほどの剛の者である。当初は宮中の大工仕事を管... 関連ページ:橘 則光

関連キーワード

梅壺

『暴れん坊少納言』に出てくる舞台または組織。定子の住まう後宮で、庭に紅白の梅が植えられていたことからが梅壺と称された。定子に仕える女房たちのサロンも梅壺と呼ばれており、作中では清少納言、宰相の君、和泉式部らが所属していた。和泉式部は後に藤壺と兼任になる。

登場作品

暴れん坊少納言

学問の素養は高いが、暴れん坊で恋愛面ではツンデレの清少納言を中心に、後の夫となる橘則光や彼女のあるじとなる中宮定子、ライバルの紫式部たちとのはちゃめちゃな宮廷生活を描く。現代風のアレンジはかなり多いが... 関連ページ:暴れん坊少納言

SHARE
EC
Amazon
logo