清水の次郎長

流れ星五十三次(漫画)の登場人物。読みは「しみずのじろちょう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
流れ星五十三次(漫画)
正式名称
清水の次郎長
ふりがな
しみずのじろちょう

総合スレッド

清水の次郎長(流れ星五十三次)の総合スレッド
2016.08.04 14:45

概要

海道一の大親分。鴉の三島宿でのなじみの女を囲ったために因縁ができてしまった。女をめぐるやりとりで鴉を認め、清水で立ち寄るように言って別れることにした。その際、鴉に回状が廻っていて、捕まえると金五百両の賞金も出ていると報せる。

登場作品

瀕死の男から護り袋を京都に届けてくれと託された鴉は、江戸を出た。道中では鴉の持つ護り袋を狙って、さまざまな相手が出没。苦難の旅の末に京都に着くと、受取人から護り袋はとある武士が婚約者に宛てた白紙の恋文...