清河 八郎

清河 八郎

アサギロ~浅葱狼~(漫画)の登場人物。読みは「きよかわ はちろう」。

登場作品
アサギロ~浅葱狼~(漫画)
正式名称
清河 八郎
ふりがな
きよかわ はちろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

文武両道の才人だが、倒幕と尊皇の思想に傾向する活動家となって、幕臣の山岡鉄舟と共に虎尾の会を築いた。徳川家茂の上洛に合わせ、浪士組を発案する。実在の人物清河八郎をモデルとしたキャラクター。

関連キーワード

虎尾の会

『アサギロ~浅葱狼~』に登場する組織。江戸幕府の弱体化を感じた清河八郎が、山岡鉄舟達と結成した。目的は尊皇攘夷で、会の名は「国を守るためなら虎の尾を踏む危険も辞さない」という意味を持つ。実在の組織虎尾... 関連ページ:虎尾の会

浪士組

『アサギロ~浅葱狼~』に登場する組織。徳川家茂の上洛に際し、将軍警護という名目で清河八郎が発案した。試衛館の面々が参加したが、入隊者にはそれまでの罪を免じるという条件があったため、ならず者を多く抱える... 関連ページ:浪士組

登場作品

アサギロ~浅葱狼~

江戸に住む足軽の子沖田惣次郎は、十二歳にして御前試合で指南番の村上に勝利する。この敗北で切腹する事になった村上は、自分の刀を惣次郎に託して介錯を依頼した。引き受ける惣次郎だったが、誤って村上が腹を切る... 関連ページ:アサギロ~浅葱狼~

SHARE
EC
Amazon
logo