清河 八郎

陽だまりの樹(テレビアニメ)の登場人物。読みは「きよかわ はちろう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
陽だまりの樹(テレビアニメ)
正式名称
清河 八郎
ふりがな
きよかわ はちろう

総合スレッド

清河 八郎(陽だまりの樹)の総合スレッド
2016.01.25 12:32

概要

伊武谷万次郎が剣術を学ぶ道場玄武館の門弟。北辰一刀流の達人で、入門間も無い伊武谷万次郎と対決し、その剣の腕を認めた。そのため、いざこざで他の門弟を斬ってしまい、周囲の敵意を買った伊武谷万次郎を表向き斬ったと偽り、助ける。

登場人物・キャラクター

関東の小藩である府中藩松平家に仕える禄高十五表二人扶持の下級武士。直情決行型の性格で不器用者だが、剣の腕は立つ。藩の江戸屋敷に勤務し、江戸城への登城の際には、門前の三百坂で他藩の行列との間に起こる競争...

関連キーワード

『陽だまりの樹』に登場する道場。江戸市中神田於玉ヶ池にある千葉周作が主宰した北辰一刀流剣術の道場。伊武谷万次郎が剣術を学んでいたが、いざこざで他の門弟を斬ってしまい、周囲の敵意を買って身を隠さざるを得...

登場作品

開国を迫る諸外国が来航していた幕末の日本に、対照的な二人の若者がいた。関東のとある小藩の下級武士である侍の伊武谷万次郎、そして江戸の医師手塚良庵である。無骨者の伊武谷万次郎と放蕩者の手塚良庵は対照的な...