渋川 剛気

グラップラー刃牙(漫画)の登場人物。読みは「しぶかわ ごうき」。

  • 渋川 剛気
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
グラップラー刃牙(漫画)
正式名称
渋川 剛気
ふりがな
しぶかわ ごうき

総合スレッド

渋川 剛気(グラップラー刃牙)の総合スレッド
2016.01.28 20:45

概要

実戦的な合気柔術の使い手の老人で、その強さと長いキャリアから自他共に認める達人。身長155センチ、体重47キロという少女並みの体格ながら、相手が攻撃した勢いをそのまま返す合気の技により、自分よりも大きな相手を手玉に取る。若い頃は師事していた合気柔術の開祖に本気で戦いを挑むほどに血気盛んだった。

今も好々爺の仮面の下に強さへの執着を隠し持つ。生活の全てが戦いであり、危険に遭わないことが最上の護身術であるという理念を有している。危険な相手と戦おうとすると門や洪水の幻が行く手を阻む「真の護身」に開眼。それでも強さを求めて、敢えて幻の先へ進もうとする気概を持つ。

登場作品

世界観舞台は現代日本。格闘をテーマとした作品ではあるが、鍛錬を行わない暴力団員の花山薫や暴走族の柴千春、原始人のピクルなど格闘技を使わないキャラクターも多数登場。格闘漫画の枠に囚われない戦いが繰り広げ...