渡辺 淳子

渡辺 淳子

ナース・ステーション(漫画)の登場人物。読みは「わたなべ じゅんこ」。別称、ナベちゃん。

登場作品
ナース・ステーション(漫画)
正式名称
渡辺 淳子
ふりがな
わたなべ じゅんこ
別称
ナベちゃん
関連商品
Amazon 楽天

概要

主人公中山桂子の同期。外科病棟では桂子と同じく古株で、後輩看護婦に対し容赦なくキツイ言葉を浴びせている。物事をハッキリ言うだけで、実際は優しくて情深い性格なので、後輩たちからも懐かれている。要領の悪い明石まりのことも、最初は過剰に目を光らせているように見えたが、実際は放っておけず誰よりも面倒を見ているだけだった。

桂子とは看護婦寮の部屋が同じだったことから仲良くなり、苦しい時代を共に成長してきただけにその絆は深い。自分を犠牲にして患者や後輩の事ばかり考える桂子のブレーキ役になったり、村上真一郎との恋で悩んでいる桂子を常に支え続けている。桂子にとって淳子は絶対的拠り所で、淳子が高校からの夢だった留学を決意した時は、日ごろの過労に大きなショックが重なったことで倒れてしまった。

関連人物・キャラクター

中山 桂子

西里大学病院の外科に勤務する看護婦。中学の時に父親を亡くして以来、精神的依存を求めた母が自分に過度の愛情を向けてくるのに耐え切れず、看護学校を卒業後逃げるように東京へ出てきた。外科では7年目の古株であ... 関連ページ:中山 桂子

登場作品

ナース・ステーション

ベテラン看護婦中山桂子が、同僚や患者たちとの関わりの中で、もがき苦しみながらも成長していく物語。生と死、人と人の繋がりをテーマに、前向きに生きる女性たちの姿を描いた島津郷子の長編代表作。 関連ページ:ナース・ステーション

SHARE
EC
Amazon
logo