港浦 吾郎

港浦 吾郎

バクマン。(漫画)の登場人物。読みは「みうら ごろう」。

登場作品
バクマン。(漫画)
正式名称
港浦 吾郎
ふりがな
みうら ごろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

『バクマン。』の登場人物。週刊少年ジャンプの若手編集者。亜城木夢叶の2代目担当かつ高浜昇陽の担当。作品をヒットに導こうと担当作家を熱くサポートはするものの、経験不足からか空回りすることも多い。自身がギャグ漫画を好むため、担当作家の作品にもギャグ要素を盛り込ませようとする傾向がある。

関連キーワード

亜城木夢叶

『バクマン。』に登場する作家名。真城最高と高木秋人によるコンビのペンネーム。真城最高の漫画がアニメ化されてヒロインを亜豆美保が演じたら二人は結婚するという夢が叶うように、という願いを込めて付けられた。... 関連ページ:亜城木夢叶

週刊少年ジャンプ編集部

『バクマン。』の舞台。真城最高と高木秋人が漫画を持ち込む編集部。二人の初めての持ち込みに対応した編集者の服部哲は、彼らの作品には伸びしろがあると判断してそのまま担当を買って出る。後日、真城最高たちが編... 関連ページ:週刊少年ジャンプ編集部

登場作品

バクマン。

世界観連載開始時と同じ2008年の現実の日本が舞台となっている。連載が進むにつれて物語内の時間が現実を追い越し、最終回では2018年が舞台となっている。主人公2人が漫画を持ち込みに行く先は本作が連載さ... 関連ページ:バクマン。

SHARE
EC
Amazon
logo