港浦 吾郎

バクマン。(第3シリーズ)(テレビアニメ)の登場人物。読みは「みうら ごろう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
バクマン。(第3シリーズ)(テレビアニメ)
正式名称
港浦 吾郎
ふりがな
みうら ごろう

総合スレッド

港浦 吾郎(バクマン。(第3シリーズ))の総合スレッド
2016.01.25 12:32

概要

『バクマン。(第3シリーズ)』に登場する架空のキャラクター。週刊少年ジャックの編集者で、亜城木夢叶の2代目担当編集。ギャグ漫画への強い思い入れのあまり、亜城木夢叶へギャグ漫画を書くよう懇願し、対立してしまった過去がある。

現在は服部哲と交代する形で、岩瀬愛子の担当編集を勤める。

登場人物・キャラクター

『バクマン。(第1シリーズ)』に登場する架空のキャラクター。週刊少年ジャックの編集者で、原稿を持ち込んできた真城最高、高木秋人と出会い、その才能を見抜く。以後担当編集としてさまざまなアドバイスを行い、...
『バクマン。(第1シリーズ)』に登場する架空の漫画家。中学時代より漫画家を目指して努力を重ねてきたふたり組のコンビ、真城最高と高木秋人のペンネーム。処女作である「ふたつの地球」、手塚賞の最終候補に残っ...

関連キーワード

『バクマン。(第1シリーズ)』に登場する架空の雑誌で、実在する集英社の週刊少年ジャンプがモデル。編集部には、佐々木編集長を筆頭に、服部哲、服部雄二郎ら編集部員が在籍。この編集者の大半も、実在の編集者が...

登場作品

中学生のときより漫画家となることを目指して努力してきた真城最高と高木秋人は、亜城木夢叶というペンネームでデビュー。高校在学中から週刊少年ジャックで連載を始め、ついに自身の持ち味を最大限に活かした作品「...