満月院

満月院

ちょっと江戸まで(漫画)の登場人物。読みは「みつがついん」。

登場作品
ちょっと江戸まで(漫画)
正式名称
満月院
ふりがな
みつがついん
関連商品
Amazon 楽天

概要

前将軍の生母。自分の息子を将軍にするため、徳川家享を追い出したが、息子が急逝。今は権力を失って、大奥の奥で取り巻きと遊んで暮らしている。もともとは貧乏長屋の出身で、それゆえに金に執着していた。水戸家とは敵対しており、次期将軍の話が持ち上がると、瓦版の号外で江戸中にぼっちゃんの出生の秘密を暴露してしまう。

しかし、江戸のぼっちゃん人気は高く、次期将軍の噂が出ると人気はいっそう増してしまった。策略をこらすが、根本的には悪にはなれない女性。

登場作品

ちょっと江戸まで

箱根の山奥で育った桜井そうびは、身寄りをなくし細々と生きていくが、実は江戸の大身旗本、桜井の娘だった。その後、桜井に引き取られて、良家の娘として生涯を送っていく。 関連ページ:ちょっと江戸まで

SHARE
EC
Amazon
logo