源 九郎 義経

ジパング 深蒼海流(漫画)の主人公。読みは「みなもとの くろう よしつね」。別称、牛若。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ジパング 深蒼海流(漫画)
正式名称
源 九郎 義経
ふりがな
みなもとの くろう よしつね
別称
牛若
別称
義経

総合スレッド

源 九郎 義経(ジパング 深蒼海流)の総合スレッド
2016.07.11 19:05

概要

源氏の棟梁、源義朝の九男として生まれた。平治の乱の時は、物心がつく前であったため、源義朝の子とは知らされず育てられた。偶然再会した平清盛の娘、徳子と互いに惹かれ合うも、互いの立場の違いからその想いが報われることはなく、徳子は高倉天皇の中宮となってしまう。

物静かな兄の頼朝とは正反対の活発な性格で、徳子と会うため平家の屋敷に侵入して連れだそうとするなど、並外れた行動力をもつ。出生の秘密を知り、頼朝と出会った後は、頼朝の力になるため奥州を旅し、成長していく。戦の才能は並外れており、どんな荒馬もあっという間に乗りこなし、ほとんど刀を握ったことがないにもかかわらず、武芸に秀でた平家の実力者である知盛と互角に渡り合ったこともある。

頼朝に会うためにわざと騒ぎを大きくするべく、警備の兵の腕を躊躇なく切り落としたこともあり、手段を選ばない修羅として北条政子から危険視されている。実在の人物である源義経がモデル。

登場作品

源氏の嫡男である源頼朝は、父の源義朝らと共に平家との戦いに赴き、その初陣で父や兄といった身内を失い平家の捕虜となる。平清盛に興味をもたれたことで流人の身として生きのびた頼朝は、我が子を授かり、平家との...