源 頼朝

遮那王 義経(漫画)の登場人物。読みは「みなもと の よりとも」。別称、佐殿。牛若丸とは親族関係にある。

  • 源 頼朝
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
遮那王 義経(漫画)
正式名称
源 頼朝
ふりがな
みなもと の よりとも
別称
佐殿

総合スレッド

源 頼朝(遮那王 義経)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

源氏の棟梁・源義朝の息子で、漂太が身代わりを務めた牛若丸の兄。平治の乱で父が亡くなった後、平清盛によって伊豆に追放された。追放先の伊豆で、監視役である伊藤家の娘・八重と恋に落ち、息子・千鶴丸をもうける。しかし、平家の怒りを買うことを恐れた伊藤家の当主・伊藤祐親によって千鶴丸は殺され、八重とも離ればなれになってしまう。

この事件が、源頼朝を平家への復讐に駆り立てるきっかけとなった。牛若(漂太)が味方としてふさわしいかを確かめるため、鞍馬寺に家来を送り、その力を見極めようとした。奥州へ向かう途中に立ち寄った漂太と出会い、打倒平家を誓い合う。

歴史上の実在の人物、源頼朝がモデル。

登場人物・キャラクター

源氏の棟梁・源義朝の息子。源氏の血を恐れた平清盛により、2歳のときから屋敷に閉じ込められて育った。元服までの間、屋敷を出て身を隠すため、自分とうり二つの漂太と入れ替わる。陰陽師・紫蘭の占いで自分の命が...

登場作品

親を知らない子供の旅芸人・漂太は、連れて行かれた屋敷で自分とそっくりの少年・牛若丸と出会う。漂太が連れてこられた目的は牛若丸の身代わりとなることだった。牛若丸の境遇に同情し、身代わりを務めることを承諾...