滝村

滝村

現代柔侠伝(漫画)の登場人物。読みは「たきむら」。別称、滝さん。柳勘太郎とはライバル関係。

登場作品
現代柔侠伝(漫画)
正式名称
滝村
ふりがな
たきむら
別称
滝さん
関連商品
Amazon 楽天

概要

細い目で髪を固めた男性。新興テキヤ菊水組の大幹部。権謀術数を廻らして構成員二万人の菊水グループを組織するに至り、黒龍会の中野国彦やテキヤとなった柳勘太郎と対立する。のちに柳勘太郎の息子柳勘一と行動を共にするようになる。

関連人物・キャラクター

柳勘一

『現代柔侠伝』の主人公の1人。柳勘太郎、柳朝子の息子。登場時4歳。第二次世界大戦後、両親と離れ離れになる。全国を転々とした後、熊本鎮西高校で柔道にはげむうちに祖父柳勘九郎、父柳勘太郎を思わせる逞しさを... 関連ページ:柳勘一

柳勘太郎

『現代柔侠伝』の主人公の1人。額の左側に古傷がある。一人称は「わが輩」。第二次世界大戦中は、陸軍の戦闘機部隊八九三部隊に所属する飛行士だった。離れ離れになった妻柳朝子と子柳勘一を探すうちテキヤとなる。... 関連ページ:柳勘太郎

登場作品

現代柔侠伝

第二次世界大戦が終わり、復員した柳勘太郎は妻柳朝子と息子柳勘一を探すうちに思わぬ道に足を踏み入れる。一方幼い柳勘一は全国を転々とした後に運命に導かれ柔道と出会う。 関連ページ:現代柔侠伝

SHARE
EC
Amazon
logo