漆原 朔

ミュジコフィリア(漫画)の登場人物。読みは「うるしばら さく」。貴志野龍とは親族関係にある。

  • 漆原 朔
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ミュジコフィリア(漫画)
正式名称
漆原 朔
ふりがな
うるしばら さく

総合スレッド

漆原 朔(ミュジコフィリア)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

京都芸術大学に入学。父親は著名な作曲家、貴志野龍。腹違いの兄は若手天才作曲家と期待される貴志野大成。この二人へのコンプレックスで音楽を遠ざけてきたが、実は朔には自然のなかの「音」を理解し、モノの形や色が「音」ととして聴こえる特殊な才能を持っていた。現代音楽に目覚めて朔の人生は変わっていく。

登場人物・キャラクター

貴志野大成と漆原朔の父親。作曲界の大御所。息子の大成に大きな期待をよせており、その大成へのアドバイスが仇になって皮肉にも大成の音楽家生命を奪う事態に発展する。漆原朔にとっても幼少時代からの大きな精神的...

関連キーワード

『ミュジコフィリア』に登場する用語。対立する言葉は「既聴感」。音楽の創作には、人を感動させ、魅了させる要素以外に、今まで聴いたことのない新しさ、「未聴感」が必要であると湯浅譲二が説いている、その事を指...
京都市左京区岩倉に位置する架空の国立大学。明治時代に設立された音楽学校と美術学校が統合されて1949年に設立。ここに通う漆原朔やアオカンといった現代音楽研究会のメンバーがこの物語のメインになる。実在の...

登場作品

京都芸術大学に入学した漆原朔は、なかば強引にアオカンやアラマキに現代音楽研究会にひき込まれる。そこには朔が音楽を遠ざけてきたきっかけとなった、異母兄の貴志野大成と、そして朔の憧れる大成の彼女、小夜がい...