潮 火ノ丸

潮 火ノ丸

火ノ丸相撲(漫画)の主人公。読みは「うしお ひのまる」。別称、鬼丸国綱。

登場作品
火ノ丸相撲(漫画)
正式名称
潮 火ノ丸
ふりがな
うしお ひのまる
別称
鬼丸国綱
別称
火ノ丸
別称
鬼丸
別称
兄貴
関連商品
Amazon 楽天

概要

大太刀高校に通う1年生の少年。身長は背伸びして160センチ、通常時は152センチだったが、「大相撲編」直前の新弟子検査では154センチとなっていた。体重79キロ。11月29日生まれで、血液型はO型。相撲以外の特技はお手玉。「ワシ」「~じゃ」など、どこの地方ともいえない不思議な方言を用いて話す。満員電車と性的な話が苦手。大相撲の名力士にも見られる精進の証と同じく、足の指が内を向いたまま固まっている。体重維持に苦労しており、無理矢理にでも食事を詰め込まなければ、すぐに体重が落ちてしまうのが悩み。また乗り物が苦手で、すぐに車酔いしてしまう。大太刀高校には、中学時代の制服である黒い学ランで通っている。入学時には、気合いを入れて学ランにまわし姿で登校したが、ちぐはぐな格好のため痴漢と間違えられそうになった。高校相撲の頂点を足がかりに大相撲に入る。横綱になるという夢があり、そのため唯一の相撲部である小関信也をいじめ、道場を荒らしていた五條佑真には激しい怒りを抱いていた。しかし、佑真の根底にあるのが素直さである事も見抜いており、佑真が相撲部に入部を決めた際には、快く歓迎している。小学生相撲で二冠王となり、国宝「鬼丸国綱」と呼ばれていた。そのため、多くの場合略して「鬼丸」とも呼ばれている。入学直後に佑真に勝った事で、クラスメイト達は当初怯えていたが、潮火ノ丸の兄貴肌な性分を見るに従い、男女問わず「兄貴」と慕ってくるようになった。学生の本分は勉学であるという信条から、学業にも力を入れており、学年順位は298位中21位と好成績。小学生時代、小兵だった頃の天王寺獅童を見てあこがれ、その背中を追い続けていた。IH個人戦初戦で獅童に敗北し、右肘のケガで蟹江診療所にかかった際には、蟹江哲治から「筋肉の質がよく、関節が人より柔らかい、いい選手」と評価された。全日本選手権では準決勝で獅童に敗れて3位に終わったが、三段目最下位格付出資格を得て、角界入りを果たした。四股名は「鬼丸国綱」となっている。しかし、角界入りして1年半後の九月場所で数珠丸恒次と対戦し、右肘を壊して休養期間中に番付を落とした。そこから2年経った19歳の火ノ丸は身長157センチ、体重92キロで、幕ノ内に返り咲き、西前頭十三枚目として励んでいる。

登場作品

火ノ丸相撲

大相撲の横綱を目指すが、小柄というハンデを背負った少年の潮火ノ丸が、大太刀高校の弱小相撲部から高校相撲日本一となるため奮闘する。全国大会優勝レベルの少年力士は「国宝」と呼ばれ、「鬼丸国綱」など実在の名... 関連ページ:火ノ丸相撲

SHARE
EC
Amazon
logo