瀬川 かよ

瀬川 かよ

淀川ベルトコンベア・ガール(漫画)の主人公。読みは「せがわ かよ」。

登場作品
淀川ベルトコンベア・ガール(漫画)
正式名称
瀬川 かよ
ふりがな
せがわ かよ
関連商品
Amazon 楽天

概要

豆腐と油揚げをつくるはせ食品の工場で正社員として働く16歳。中学校を卒業後、家庭の事情で故郷の福井から単身大阪に渡り、はせ食品の社員寮に住みこみで暮らしている。工場では油揚げのベルトコンベア作業を担当。工場への通勤路が近隣の名門高校・私立淀川大学附属学園の通学路でもあるため、同校の一部生徒の間では「おかっぱちゃん」という通称で呼ばれていた。

地元を離れ、工場内にも同世代の同僚がいないさみしさを抱えており、「淀川大橋の真下で上り電車と下り電車がすれ違っている間に大声で3回願い事を言って、その声がかき消されなければ願いが叶う」というおまじないを実行。「ともだちが、ほしい!!」と願う。

関連キーワード

はせ食品

『淀川ベルトコンベア・ガール』に登場する企業。代表取締役社長は長谷川弘司。豆腐、油揚げを主力に展開する、いわゆる中小工場。現社長の父である先代がリアカーで豆腐を売り歩いたところから始まり、現在では1日... 関連ページ:はせ食品

登場作品

淀川ベルトコンベア・ガール

家庭の事情により高校進学を断念し、福井から単身大阪にやってきて、豆腐と油揚げをつくる小さな会社・はせ食品の工場で働く瀬川かよ。地元を離れ、職場も中高年がほとんどというかよは、16歳の誕生日に淀川大橋の... 関連ページ:淀川ベルトコンベア・ガール

SHARE
EC
Amazon
logo