瀬田 宗次郎

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画)の登場人物。読みは「せたそうじろう」。別称、天剣の宗次郎。

  • 瀬田 宗次郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画)
正式名称
瀬田 宗次郎
ふりがな
せたそうじろう
別称
天剣の宗次郎

総合スレッド

瀬田 宗次郎(るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

十本刀の一人。常ににこやかな笑みを絶やさない剣客。天剣の宗次郎と呼ばれ、十本刀で最強と目される。緋村剣心に匹敵する剣の才能を持ち、高速の移動術縮地の使い手。商屋の妾の子として産まれ、幼いころより家族から疎まれ、自己防衛から楽しい以外の感情を欠落させてしまっている。それ故に、相手に気配を読ませない強みも持つ。

全身に火傷を負い、死にかけの志々雄真実と遭遇、彼が説く「所詮この世は弱肉強食」という考えに触発され、家族を虐殺した。その後は志々雄の最初の部下となった。モデルは新選組一番隊隊長沖田総司。

登場人物・キャラクター

弱肉強食を信条とし、強者が弱者を淘汰する社会の構築を目論んでおり、京都を中心に強力な派閥を作り上げていた。元は緋村剣心の後を継いで、佐幕派の要人暗殺に当たっていた維新志士だったが、その野心を警戒されて...

関連キーワード

『るろうに剣心』に登場する集団。志々雄真実直属の腕利き十人を指す。長い間戦闘に参加出来ない志々雄の体質による弱点をカバーするために集められており、曲者が集う。志々雄の命令に忠実に従うが、その目的は各々...

登場作品

世界観「誰もが平和に暮らせる世の中を」という信念のもと、剣心が弱い者を理不尽な暴力や争いから守っていくというのが本作の大まかな流れである。また、物語全体を通してテーマとなっているのが、過去に対する「贖...