火の鳥

火の鳥

火の鳥 太陽編(漫画)の登場人物。読みは「ひのとり」。

登場作品
火の鳥 太陽編(漫画)
正式名称
火の鳥
ふりがな
ひのとり
関連商品
Amazon 楽天

概要

太陽の化身として犬上宿宿の前に姿を現し、彼が夢に見る1000年後の未来で繰り広げられる宗教戦争を垣間見せる。また、『火の鳥 宇宙編』で登場したフレミル星人の姿で、戦いに傷ついた産土の神々の前に現れ、『火の鳥 異形編』で登場した八百比丘尼のもとへと案内する。

登場作品

火の鳥 太陽編

7世紀、百済国王余豊璋の一族ハリマは、戦に敗れ、顔の皮をはがされオオカミの皮をかぶせられて、獣の顔をもつ男となる。仙術を行うおばば、倭国の将軍阿倍比羅夫とともに倭国へ渡り、その地の産土神である狗族の娘... 関連ページ:火の鳥 太陽編

SHARE
EC
Amazon
logo