火渡りの錬司

黒鉄〈KUROGANE〉(漫画)の登場人物。読みは「ひわたりのれんじ」。

  • 火渡りの錬司
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
黒鉄〈KUROGANE〉(漫画)
正式名称
火渡りの錬司
ふりがな
ひわたりのれんじ

総合スレッド

火渡りの錬司(黒鉄〈KUROGANE〉)の総合スレッド
2016.08.04 14:45

概要

迅鉄が役人を斬って故郷を出奔してから知り合った顔なじみの渡世人で、ともに仕事を請け負ったこともある。顔の右半分にある大きな火傷痕が特徴。迅鉄が機械の体に改造されて蘇って再び渡世人として各地を旅するようになってからある地で再会した。かつて迅鉄と錬司が関わった仕事で無関係の人間を巻き込んでしまった過去を巡って対立。

一触即発の状態にまで至るが、一歩も引かない迅鉄を見た錬司は、争っても得るものはないと判断し身を引く。しかしそののち迅鉄と同郷である諒次郎との因縁や迅鉄を親の仇と狙う紅雀の丹など、さまざまな事情が重なり迅鉄と再び遭遇。丹は彼女が瀕死の怪我を負っていたときに命を救ったことで慕われるようになり、自分を「お父」と呼ぶ丹と一年ほど行動をともにしていた。

丹が自分に寄せる気持ちが父親に向けるものではないことに気づき、どんなときも非情でありたいという想いから丹と別れようと決意する。だが、諒次郎の罠にはまり手負い、丹の手を借りねばならぬ状況に陥ってしまう。

さらに諒次郎一派に追い詰められ、助けに入ったものの逆に討ち取られそうになった丹を守るため、その身に諒次郎の刃を受けた。虫の息のため駆けつけた迅鉄を丹だと誤解し、丹が迅鉄だと思っている親の仇が実は自分であることを告白して絶命。しかし丹はその場を去った諒次郎を追っていたため告白を聞いてはいなかった。

また事の次第をしたためた手紙が存在したが、信頼する相手が仇であったと思わせたくない迅鉄が破り捨てたため、丹は事の真相を知らないままとなる。

登場作品

舞台は江戸時代。人斬り迅鉄との異名を取る渡世人・迅鉄は、100両という大金がかけられた賞金首だった。あるとき迅鉄は、賞金を狙う犬使いの三太に追われ、からくも返り討ちにするが犬に喉笛を食いちぎられてしま...