火野 玉男

火野 玉男

火の玉ボーイ(漫画)の主人公。読みは「ひの たまお」。別称、タマ。

登場作品
火の玉ボーイ(漫画)
正式名称
火野 玉男
ふりがな
ひの たまお
別称
タマ
関連商品
Amazon 楽天

概要

行方不明の父親を探して湘南に現れた、高校生の少年。普段は度胸がある割に喧嘩に弱いが、寝起きの不機嫌や酒、空腹、怒りによって理性のタガが外れ、超人的なパワーを暴走気味に発揮する。特に空腹時は「ハングリィ!」と叫びながら暴れ、強い怒りを感じた時は「アングリィ!」と叫んで更に強力な力を発揮する。

普段からかなりの大食漢で、特にステーキやスキヤキなど牛肉料理を好む。父のマーローと共に各地を転々としていたため転校が多く、真昼野高校へ転入する前は都内の進学校にいた。そのため自分を頭の悪い落ちこぼれと思い込んでいたが、普通の高校レベルでは優秀な学力を持つ。湘南でウィンドサーフィンを巡る抗争に巻き込まれた際に知り合った、神大寺桃子足柄山金太郎と強い友情を結ぶ。

空腹時のハングリーパワーを活かしてテニス部、陸上部、文化祭でのミュージカルバンド、沖縄でのトライアルレース、アイスホッケー同好会に関わる。母親に似た気配を持つ同級生・暮林真理子や、アイスホッケーで敵対した杏藤摂子らと淡い恋愛関係になり、神大寺桃子も含め穏当な四角関係になるが、卒業間際に解答を出した。

三年生になり自分の目標がない事に悩んでいたが、斜陽学園を掌握した「もう一人のタマ」との抗争をきっかけに教師となることを目指し、東大を受験する。

登場作品

火の玉ボーイ

父親・火野麻郎を探して湘南にたどりついたタマこと火野玉男は、現地でウィンドサーフィンを巡る若者たちの抗争に巻き込まれ、驚異的な力を発揮して解決する。神大寺桃子とその祖父に気に入られたタマは、父とも再会... 関連ページ:火の玉ボーイ

SHARE
EC
Amazon
logo