• 隠の王 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 灰狼衆

灰狼衆

灰狼衆

隠の王(漫画)に登場する忍びの一族。読みは「かいろうしゅう」。

登場作品
隠の王(漫画)
正式名称
灰狼衆
ふりがな
かいろうしゅう
関連商品
Amazon 楽天

概要

伊賀の忍一派。現代も厳然たる実力を有している。秘術・森羅万象の研究を続け、手に入れるため、六条壬晴に次々と刺客を送り込む。服部柊十郎を頂点に、下忍を1000人は従えている。灰狼衆の里は、インターネット上に存在していて、パスワードを入力し、どこからでもアクセスができるようになっている。

造反者取締りの分刀、国家特殊諜報の傘と呼ばれる組織を抱えている。森羅万象を手に入れるために、萬天・風魔と対抗し、各地に散らばっている忍の里を見つけ出し、禁術書を手に入れようと動き出す。

登場作品

隠の王

現代に生きる忍の世界で最大の秘術・森羅万象をその身の内に抱く六条壬晴は秘術を手に入れようとする者たちから狙われている。中学校の講師雲平・帷・デュランダルや同級生相澤虹一など萬天の忍びたちは、六条壬晴を... 関連ページ:隠の王

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
隠の王
logo