灰葉 スミオ

灰葉 スミオ

ənígmə(漫画)の主人公。読みは「はいば すみお」。別称、灰葉。

登場作品
ənígmə(漫画)
正式名称
灰葉 スミオ
ふりがな
はいば すみお
別称
灰葉
別称
スミオ
関連商品
Amazon 楽天

概要

緑色の天然パーマの髪の男子。初登場時は高校1年生で夕闇高校1年A組に在籍。正義感が強く、困っている人を見ると黙ってはいられない真っ直ぐな性格。また、すぐに人と仲良くなることができる。反面、女性には誰彼構わずにプロポーズするという女好き。語尾に「~のだ」と付けて喋る癖がある。またピンチの際には「メーデー(緊急事態)」と叫ぶ。

急な眠気に襲われると、左手が自動的に近未来の出来事を絵日記として描く夢日記というユニークな才能を持っている。そこには、周囲の人々の危機が描かれることが多い。しかし、その運命は変えられるということを信条としている。母と2人で暮らしていたが、ある日、母親がエニグマという謎の言葉を残して失踪。その後、混乱に陥って病院に保護されるが、目覚めると、他の在校生6人と共に夕闇高校の体育館に閉じ込められていた。

謎の存在エニグマによって、人間の本質を査閲するというe-testに参加させられることになる。「運命からの脱出」を課せられたe-testに対し、他の参加者達を励ましながら果敢に挑む。e-testの成功に対して得られる報酬は「親」。

登場作品

ənígmə

灰葉スミオは近未来に起こる出来事を予知する能力「夢日記」を持つ高校1年生の少年。その能力で人助けをする日々だったが、ある日自ら描いた夢日記に記された通り、黒いシミを残して母親が失踪してしまう。混乱のあ... 関連ページ:ənígmə

SHARE
EC
Amazon
logo