烈 海王

グラップラー刃牙(漫画)の登場人物。読みは「れつ かいおう」。

  • 烈 海王
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
グラップラー刃牙(漫画)
正式名称
烈 海王
ふりがな
れつ かいおう

総合スレッド

烈 海王(グラップラー刃牙)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

中国拳法の使い手で、達人に与えられる「海王」の称号の持ち主。中国拳法の歴史と強さに絶対的な誇りを持ち、他の流派を見下して憚らない。特に、同じ打撃系格闘技である空手への敵愾心は強く、愚地克巳に対し、空手という格闘技の未熟さを認めるよう強要するなど傲慢な人物だった。だが、地下闘技場での死闘を経て穏やかになっていく。

苛烈な鍛錬を積んでおり、自分の手足だけで巨大な黒曜石を削って球にしてしまったことも。また、足指を手のように使っての多彩な蹴り技や、密着状態からの打撃といった技に加え、空気を吹きつけて目つぶしとしたり、耳の穴やヘソに指を突き入れたりといった、実戦的な人体破壊術も用いる。

登場人物・キャラクター

青年男性。愚地独歩の養子であり、彼の後継者と目される神心会の空手家。元々はサーカス団で曲芸を見せていたが、実父がライオンに喰い殺されたことにより愚地独歩に引き取られた。空手界の最終兵器と呼ばれて将来を...

関連キーワード

『グラップラー刃牙』に登場する施設。東京ドームの地下深くにあり、秘密を守れる一部の人間しか入れない。時には、格闘技界の現役選手が、通常ではあり得ない組み合わせで戦うドリームマッチの様相を呈することも。...

登場作品

世界観舞台は現代日本。格闘をテーマとした作品ではあるが、鍛錬を行わない暴力団員の花山薫や暴走族の柴千春、原始人のピクルなど格闘技を使わないキャラクターも多数登場。格闘漫画の枠に囚われない戦いが繰り広げ...