烈 海王

範馬刃牙(漫画)の登場人物。読みは「れつ かいおう」。ピクルとはライバル関係。

  • 烈 海王
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
範馬刃牙(漫画)
正式名称
烈 海王
ふりがな
れつ かいおう

総合スレッド

烈 海王(範馬刃牙)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

中国拳法を使う青年格闘家。優れた使い手に与えられる「海王」の称号を持ち、誰よりも深く中国拳法の最強を信じる。その思いが強いあまり、かつては空手など他の格闘技を見下すなど傲慢な態度を取っていたが、地下闘技場において範馬刃牙をはじめとする他の格闘家と出会い、その実力を認めることで変化した。

愚地克己とは、かつて拳を交えたことがあるためか特に仲が良く、愚地克己ピクルと戦う前には、空手を進化させるという助力を申し出た。一度言ったことは曲げない、鉄のような意思の持ち主。エサとされることを承知でピクルとの戦いに挑み、敗北時は潔く自らの肉体を食べさせた。片足を失ってからは、ボクシングのリングに上がり、あくまで中国拳法の技を使ってボクサーと戦う。

登場人物・キャラクター

男性の原始人。短編『ピクル』の主人公と同一人物。岩塩層の中に閉じ込められていたが、現代に蘇生した。ティラノサウルスを素手で倒し、これを捕食するという、人類史上最強の戦闘能力を有しており、強さを求める多...

関連キーワード

『範馬刃牙』に登場する施設。東京ドームの地下にあり、徳川光成が見込んだ強者たちが試合をする。相撲取りが他の格闘技と戦うなど、通常ではあり得ないドリームマッチが展開することも。試合は非武装かつノーギャラ...

登場作品

範馬刃牙は、地下闘技場の王者として様々な敵と戦い、強さを磨き続けてきた。ついに目標とする父・範馬勇次郎に挑戦状を叩きつける。 刃牙は、人間大にイメージしたカマキリや囚人のビスケット・オリバ、原始人のピ...