烈 海王

烈 海王

刃牙道(漫画)の登場人物。読みは「れつ かいおう」。宮本 武蔵とはライバル関係。

登場作品
刃牙道(漫画)
正式名称
烈 海王
ふりがな
れつ かいおう
関連商品
Amazon 楽天

概要

中国拳法の使い手に与えられる海王の称号を持つ。中国拳法の最強を信じて疑わない、プライドの高い男。ボディビルダーを思わせる筋骨隆々の肉体だが、右足は『ピクル』の登場人物である原始人・ピクルに食われて義足となっている。アメリカのボクシング界に身を投じ、タイトルのかかっていない非公認試合ながらも、チャンピオンのウィルバー・ボルトを倒した。

その後、ボクサーとしての活動を終了して日本へと赴き、宮本武蔵に挑む。

関連人物・キャラクター

宮本 武蔵

二天一流の開祖であり、生涯無敗を誇った伝説の剣豪その人。クローン技術で作られた肉体に、霊媒師の徳川寒子が降霊させた宮本武蔵本人の魂が宿っている。地上最強の生物・範馬勇次郎と互角に戦う刃牙を赤子のごとく... 関連ページ:宮本 武蔵

登場作品

刃牙道

父親・範馬勇次郎との戦いを終えた範馬刃牙。その強さは群を抜いたものとなったが、試合や危険な特訓の最中にあくびが出てしまうなど、目標を見失った状態にあった。しかし、宮本武蔵が甦ったことを知り、再び最強へ... 関連ページ:刃牙道

SHARE
EC
Amazon
logo