烏丸 響子

烏丸響子の事件簿(漫画)の主人公。読みは「からすま きょうこ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
烏丸響子の事件簿(漫画)
正式名称
烏丸 響子
ふりがな
からすま きょうこ

総合スレッド

烏丸 響子(烏丸響子の事件簿)の総合スレッド
2016.10.07 14:20

概要

浅草署保安課に勤務する女性刑事。作中の社会では飛び級制度があり、小学生で警察試験を受け合格したため、16歳(のちに誕生日を迎えて17歳になる)にして刑事となっている。超人的な身体能力を持ち、が関わると見られる事件を調査して鬼を倒している。幼い頃に両親を何者かに殺され、三田村浩三に引き取られ、幼少期は石川県で過ごした。

石川で、知り合った少女を鬼に食われた事から、鬼を強く憎んでいる。しかし自分が鬼の血を引くこと、三田村が親の仇であることを知り、苦悩する。武器は獣穴と呼ばれる銃身の長い拳銃だったが、内田桐雄に壊されて以来、獣又鬼という小型拳銃に刃物をつけた物を使っている。

登場作品

近未来の東京、浅草署の保安課に属する烏丸響子は、人間社会に潜む鬼の犯罪を調査し、鬼を抹殺する女性刑事。鬼を強く憎む響子は、その凶悪犯罪が増加しているにも関わらず、鬼の存在を公表しない警察上層部に苛立っ...