• 狼の星座 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 烏丹の牢やぶり

烏丹の牢やぶり

烏丹の牢やぶり

狼の星座(漫画)に登場する、大日向建作が起こした事件。読みは「うーたんのろうやぶり」。

登場作品
狼の星座(漫画)
正式名称
烏丹の牢やぶり
ふりがな
うーたんのろうやぶり
関連商品
Amazon 楽天

概要

烏丹の長老に頼まれ、無実の豪族、張潤郷を助けるために牢やぶりを敢行した。同時に多くの人々を助けており、その中には春峰大攪把の祖父の米白英がいた。建作小東洋の名を売るきっかけになったが、北京政府から指名手配を受けることになる。

登場作品

狼の星座

新潟の村で生まれた少年、大日向建作は、大きな世界に憧れ、中国へと渡る。日本軍将校の坂東大佐の下で中国語を学んだ建作は、軍のスパイとして内蒙古の調査へと出発した。ところが、馬賊の襲撃を受け捕虜になってし... 関連ページ:狼の星座

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo