烏岳 和夫

まんが極道(漫画)の登場人物。読みは「からすだけ かずお」。別称、天狗岳やまと。

  • 烏岳 和夫
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
まんが極道(漫画)
正式名称
烏岳 和夫
ふりがな
からすだけ かずお
別称
天狗岳やまと

総合スレッド

烏岳 和夫(まんが極道)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

第2話の主人公で、以後、いろいろな回に登場。本名の烏岳和夫は、第25話で明らかになる。「週刊少年青虫」連載の大ヒット漫画『あぶらげくん』の作者。インターネットの中傷でスランプになるが、半年の休載後、編集者に「手を抜いて軽く描いて」などと言われ、鉛筆のラフ描きのような原稿を渡す。

「少年青虫」は仕方なくそのまま載せるが、思いもよらず読者はこれを受け入れる。気を良くした天狗岳は、キャラをすべて「へのへのもへじ」にしてしまう。しかし人気はさらに上昇し、『あぶらげくん』は累計数千万部を販売、アニメ化・ドラマ化・グッズ化・パチンコ化と展開し、メガヒット作品になる。テレビに出た天狗岳は、この手抜きでも大ヒットを「テングダケ理論」と名付ける。

登場作品

漫画業界や同人誌界で、人々が起こしたエピソードや起こりそうな話を、虚実取り混ぜて過激に戯画化して毎回完結一話16ページのギャグ漫画として描いているため、特にあらすじは存在しない。しかし、それぞれの話で...