無明斎

無明斎

闇の土鬼(漫画)の登場人物。読みは「むみょうさい」。

登場作品
闇の土鬼(漫画)
正式名称
無明斎
ふりがな
むみょうさい
関連商品
Amazon 楽天

概要

徳川家が敵の暗殺などを目的に作り出した隠密機関血風党の長。裏の武芸を編み出した。幕府が血風党壊滅を目論んでいることを知り、将軍の弟・徳川忠長に庇護を求める。当初は土鬼を葬ろうとするが、血風党の行く末を悟り、裏の武芸の真髄を土鬼に伝えることを決心する。

関連キーワード

裏の武芸

『闇の土鬼』の登場する用語。血風党率いる無明斎によって編み出された暗殺のための武芸。主人公の土鬼も義理の父に伝授され、この武芸を使う。七節棍、輪、飛爪、手甲鉤、銀線といった独特の武器を用いて戦う。 関連ページ:裏の武芸

血風党

『闇の土鬼』に登場する組織。戦国時代に徳川家が作った暗殺者集団。敵の武将を暗殺したり、敵の城に忍びこみ、城内を攪乱することなどの役目を負った。無明斎を長として、四天王と呼ばれる実力者4人に統率されてい... 関連ページ:血風党

登場作品

闇の土鬼

かつては幕府の隠密機関であった血風党だが、太平の世となった後は、凶悪な暗殺集団と化していた。状況に嫌気が差し脱党した大谷主水は、逃亡中に、口減らしのために土に埋められた赤ん坊を助ける。主水は子供を土鬼... 関連ページ:闇の土鬼

SHARE
EC
Amazon
logo