• シグルイ (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 無明逆流れ

無明逆流れ

無明逆流れ

シグルイ(漫画)に登場する剣技。

登場作品
シグルイ(漫画)
正式名称
無明逆流れ
ふりがな
むみょうさかながれ
関連商品
Amazon 楽天

概要

仕置追放の際に岩本虎眼から流れ星を受けた伊良子清玄が、流れ星の術理を応用して独自に開発した。刀を地面に突き立て、全身の力を使って溜めを作り、下から上方向へ高速の斬撃を繰り出す。全身の力を利用することによって、虎眼流流れを間合い、速度共に凌駕し、流れ星にも匹敵する速度を可能としている。

他に類を見ない下方向からの斬撃で、対処が難しい上に、斬りながら倒れこむことで横薙ぎの軌跡を持つ流れ流れ星が当たりにくいといった長所を持つ。当初は足元に障害物が多かったり、ぬかるんだ土の上では使用できないという弱点を持っていたが、伊良子は自分の足に刀を突き立てて対処し、その後は切り裂かれた足の指で刀身を挟み込むことで弱点を克服した。

登場作品

シグルイ

江戸時代初期の駿府国を舞台に、藤木源之助と伊良子清玄の死闘と確執を描く。山口貴由の代表作。原作は南條範夫の時代劇小説『駿府城御前試合』で、その中の「無明逆流れ」のエピソードを中心に描かれている。 関連ページ:シグルイ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
シグルイ
logo