照庵

照庵

暴力大将(漫画)の登場人物。読みは「しょうあん」。

登場作品
暴力大将(漫画)
正式名称
照庵
ふりがな
しょうあん
関連商品
Amazon 楽天

概要

町で出会った小学6年生の力道剛の顔を見て、「万に一つの天下取りの相」と見抜いた易者にして生臭坊主。その後、力道剛が、大番長一派と日下部四郎を返り討ちにし、警官と共に追跡してきた日下部与一郎に射殺されかけた時、雲水姿で現れ、気絶させて命を救っている。戦後、佐藤組を抜けた村田が腕を斬られて死にかけていたところを助けて天神一家を尋ねた時、闇市の用心棒となっていた力道剛と再会。

闇市運営の窮地を救う提案を続けた後、一番弟子で山伏姿の深石緑念を力道剛の元に差し向けた。その後、政財界の陰の黒幕、丸銀時次郎の命令で協力してきたと力道剛に明かし、闇の総元締めでもあった丸銀時次郎が与えた試練を乗り切った力道剛に対して、丸銀財閥の後継者として認められたことを伝えている。

関連人物・キャラクター

力道剛

1940(昭和15)年、河内から同じく大阪の新庄村福丸尋常小学校6年1組に転校してきたガキ大将。無敵の腕力を誇る喧嘩好きで「河内の暴力大将」の異名を持つ。父親は精米店を営み、母親の玉子(つやこ)、妹の... 関連ページ:力道剛

登場作品

暴力大将

「暴力大将」の異名を持つ力道剛の半生を「尋常小学校編」「中学校編」「矯正院編」「戦争編」「戦後編」「成長編」「飛翔編」の七つに分けて構成。中学在学中に河内矯正院に送られた力道剛は、影の支配者である総部... 関連ページ:暴力大将

SHARE
EC
Amazon
logo