熊沢 菊里

熊沢 菊里

朝霧の巫女(漫画)の登場人物。読みは「くまざわ くくり」。

登場作品
朝霧の巫女(漫画)
正式名称
熊沢 菊里
ふりがな
くまざわ くくり
関連商品
Amazon 楽天

概要

天津忠尋らの通う高校に転校してくる少女。だが実際は、主上に仕える巫女で、現世に顕現する際の依代として使われている。主上との契約により、記憶を保持したまま転生を続けているはずだったが、記憶が抜け落ち少々ドジな性格になっていた。だが、徐々に記憶を取り戻し、最終的には何事にも怯まぬ屈強な精神を取り戻す。

転生前は鎌倉時代の武士、楠木正季だった。転生前から性別は女性であり、男装して身分を隠していた。

登場作品

朝霧の巫女

天津忠尋は、母である天津結実の置き手紙を読み、従妹である稗田柚子ら姉妹が住む広島県三次市に引っ越す。しかしその日から、乱裁道宗による妖怪の襲撃を幾度となく受け、主上と呼ばれる敵の主が、自身の審神者とし... 関連ページ:朝霧の巫女

SHARE
EC
Amazon
logo