熊沢

熊沢

(漫画)の登場人物。読みは「くまざわ」。別称、熊沢ちゃん。

登場作品
(漫画)
正式名称
熊沢
ふりがな
くまざわ
別称
熊沢ちゃん
関連商品
Amazon 楽天

概要

宮本すばるが初めて群舞を踊ることとなる、「白鳥の湖」の振り付けを担当した男性演出家。すばるの師である日比野五十鈴とは、若い頃に共演をした経験がある。その当時は、日本人でありながらパリ・オペラ座バレエ団のエトワールとして踊りたいと言った五十鈴に対し、「現実を直視しろ」と反論していた。

すばるがその五十鈴の弟子だと知ってからは、すばるを「怪物(モンスター)が育てた怪物」と呼ぶようになる。

関連人物・キャラクター

宮本すばる

5月1日生まれの日本人女性。物語開始時は小学3年生で、作中では16歳まで成長する。「天才の名をほしいままにする、最強のバレエダンサー」。小学校の友達である呉羽真奈の影響でクラシック・バレエと出会ったの... 関連ページ:宮本すばる

日比野五十鈴

キャバレー店、パレ・ガルニエの女社長。かつては伝説的なバレリーナであり、日本人でありながらパリ・オペラ座バレエ団のエトワールとして踊りたいという夢を抱いていた。東洋人で初めて入団試験を許可されるところ... 関連ページ:日比野五十鈴

登場作品

病床に伏す双子の弟の前で、日々の出来事を踊り続ける小学3年生の少女、宮本すばる。過酷な日々と大きな哀しみがダンサーとしての才能を育み、やがてバレエへの道に進ませる。元バレリーナであるキャバレー店の社長... 関連ページ:

SHARE
EC
Amazon
logo