熒惑

熒惑

SAMURAI DEEPER KYO(漫画)の作品登場人物。読みは「けいこく」。別称、ほたる。辰伶とは親族関係にある。

登場作品
SAMURAI DEEPER KYO(漫画)
正式名称
熒惑
ふりがな
けいこく
別称
ほたる
関連商品
Amazon 楽天

概要

壬生一族五曜星のひとり。ほたるとも呼ばれる。辰伶とは異母兄弟。かつて、スパイとして主人公鬼眼の狂が率いる四聖天に加わっていたが、任務とは関係なく純粋にの強さに惚れていた。諸刃の剣を使い、炎を操る。強くなることしか興味がなく、かつて最強だったが、女や友情のために丸くなったことに失望し、戦いを挑む。

天然ボケともとれる謎の言動が多く、周囲から突っ込まれることが多い。

関連人物・キャラクター

辰伶

壬生一族の五曜星のひとり。ほたるは異母兄弟。水を操る。頑固でプライドが高い。村正の家を訪れた主人公鬼眼の狂に戦いを挑む。その時椎名ゆやの体内に蛇を流し込み、60日後に心臓を引き裂き死に至るように仕掛ける。ゆやの命を助けるため、狂たち一行が本格的に壬生を目指すきっかけを作った。

関連キーワード

四聖天

『SAMURAI DEEPER KYO』に登場する組織。主人公鬼眼の狂が率いる侍集団。アキラ、梵天丸、ほたる、灯の4人で構成される。4年前までは戦場という戦場に現れ、殺戮の限りを尽くしていた。この世で最強最悪の死神集団と恐れられていたが、狂が突然離脱したことで解散した。

壬生一族

『SAMURAI DEEPER KYO』に登場する一族。主人公鬼眼の狂と壬生京四郎が属していた一族。古来から日本の歴史を影で操ってきたという伝説の種族。不老長寿の力を持ち、魂を他の身体に入れ替えるなど... 関連ページ:壬生一族

登場作品

SAMURAI DEEPER KYO

関ヶ原の戦い後の日本で、千人斬りの鬼と呼ばれた主人公鬼眼の狂が、歴史を影で操る壬生一族に戦いを挑む。異能力を持つ者たちとの戦いを通して、狂が仲間との絆を強めていく姿を描いた長編。 関連ページ:SAMURAI DEEPER KYO

SHARE
EC
Amazon
logo