熱雷 草作

ヤマタイカ(漫画)の登場人物。読みは「あたらい そうさく」。伊耶輪神子とは親族関係にある。

  • 熱雷 草作
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ヤマタイカ(漫画)
正式名称
熱雷 草作
ふりがな
あたらい そうさく

総合スレッド

熱雷 草作(ヤマタイカ)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

伊耶輪神子と岳彦の父で歴史研究家。北海道出身でアイヌの血をひく。沖縄にいたとき、弥生期に南北に分断された古代日本人の謎に触れ、「火の民族仮説」を研究をし続けている。研究一筋、強い信念で持って神子の行く末を見守っていく。

登場人物・キャラクター

沖縄県久高島に古くから続く伊耶輪神女(ノロ)の宗家、伊耶輪家の一人娘。歴代神女王]で初めて、琉球の創世神であるアマミク(卑弥呼)の大霊力を受け継ぎ、卑弥呼の声に従い、火の民族の大いなるマツリヤマタイカ...

登場作品

沖縄にある久高島で、60年に一度執り行われるという伝説の秘祭ヤマトゥ・祭、その神事の中で、千七百年前の卑弥呼の意識と交感した伊耶輪神子は、この現代に火の民族(縄文人)の狂乱の祭であるヤマタイカを復活さ...