爆辣 腕太

おいら女蛮(漫画)の登場人物。読みは「ばくらつ わんた」。別称、バクラツ。女王絵里座とはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
おいら女蛮(漫画)
正式名称
爆辣 腕太
ふりがな
ばくらつ わんた
別称
バクラツ

総合スレッド

爆辣 腕太(おいら女蛮)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

凡倉中学で総番長をつとめていたバンカラ。ボナパル党というグループを率いており、女王絵里座とは小学生時代のライバル。凡倉中学で女蛮子と大喧嘩の結果、退学処分となり、蛮子を追って女尊学園に転校してきた。自分を負かした蛮子に惚れて子分になる。永井豪の『バクラツ教室』の主人公、バクラツ番長がモチーフ。

登場人物・キャラクター

12歳の男子中学生。明るい性格だが、キレやすく喧嘩っ早い。事件ばかり起こすため、学校を退学させられてばかりいる。普段は優しいが怒ると手が付けられない最強の母・女蛮千代が最大の弱点。名前のせいで女尊学園...
女尊学園の生徒で理事長の娘。ケンカ、スポーツ、勉強にずば抜けた才能を持ち、女王として学園を牛耳る。永井豪の『バクラツ教室』の登場人物、女王・江利座がモチーフ。

関連キーワード

主人公・スケバンが通う学園で小学校から大学までの一貫教育を行う。「女性を尊敬する」という理念の学校。女性が強く、スケバングループが多数ある。じつは国際犯罪結社「豹の爪(パンサー・クロー)」の下部組織。

登場作品

喧嘩のために退学させられてばかりいる男子中学生・女蛮子。またしても退学処分を喰らい、新しく女尊学園に転入することになるが、名前のせいで、女子と間違われて手続きが進んでしまう。セーラー服に身を包んで登校...